<< 2011年4月の症状(記憶より) 2011年6月1日 >>

2011年5月の症状(記憶より)

5 月 31st, 2011

■5月全般

・鼻水と咳きが続く。
・目をこする症状は減った。
・元々皮膚が弱く、手首・足首等が乾燥しあかぎれになる。
 ⇒ベビーローション・保湿剤・ステロイド系の塗り薬を使用。

・喉に落ちる鼻水と咳きが続く。
・5月後半から、喉が乾いた時の様な痛みが続く。
 ・唾を飲むと喉の奥に乾いた時の痛みを感じる。
 ・朝起きた時に痛みが悪化している。
 ・外の空気を吸うと悪化する。
 ・乳酸菌飲料等を飲むと和らぐ。
・倦怠感
 普段、倦怠感という症状を意識する事はないが、最近睡眠時間が長いと感じる。
 以前の睡眠時間は、平日4~5時間、休日6時間程だったが、4、5月からか
 夜は強力な睡魔があり、平日8時間、休日10時間以上寝る事がよくある。
 ま~保育園等の生活スタイルの変化が影響しているとも考えられる。


・夜寝ていて、たまに咳をする。


■5月1週目

・台東区を離れたせいか、鼻水と咳の症状は軽くなったように見える。

・鼻水と咳の症状は、元々軽いレベルまでおさまっていたため症状が軽くなったかは不明。
・前半は、日に数回、激しく咳こむ事がある程度。
・水曜日は黄砂がすごい事に・・・咳が悪化してくる。
・週末に、下痢の可能性のあるという抗生物質を飲むも症状改善せず。

■5月2週目

・鼻水と咳の症状が続く。

・鼻水と咳の症状が悪化。

■5月3週目

・苦しいののか、夜中に泣き続ける。エビぞったり、丸まったり、悶絶打つという表現が適してるか?
・1時間位でおさまり寝たので、翌日病院へ。

・鼻水と咳の症状が続く。

■5月4週目

・鼻水と咳の症状が続く。

・鼻水と咳の症状が続く。
・週末に、微熱あり。
・口舌炎ができる。
 口内炎・口舌炎程度ならば、普段はビタミン剤を飲んで放っておくのだが、
 鼻水と咳の症状と重なり我慢できずに、口内炎を治療するシールを購入。
 ⇒一晩で放置できるレベルに痛みが和らぐ。

■5月5週目

・月曜日の朝に熱を計ると38℃あり。保育園を休み病院へ。
 病院から戻ると珍しく午前中に寝る。午後に起きると、熱は下がっていた。
 夜に悶絶打つ状態に。1時間程で収まり寝る。
・火曜日は、念のため保育園を休む。
 中耳炎の可能性等を考慮し、耳鼻科を勧められる。
 耳鼻咽喉科で、中耳炎では無いことを確認。
 喉に直接薬を塗って貰う。
 機械で鼻水をとって貰う。(信じられない量の鼻水がでる。)
   ⇒ 咳が止まり絶好調!! 但し、一時的な物で耳鼻咽喉科へ通う必要があるとの事。

・月曜日
 娘のついでに、病院で鼻水と咳の症状を診てもらい、新たな抗生物質を処方される。
 構成物質を飲んだ後から、喉の痛みが増す。
 喉がカラカラに乾いた様な痛みが続く。いくら唾を飲み込んでも乾いた感じ。
・火曜日
 鼻水と咳の症状、喉がカラカラに乾いた様な痛みが続く。
 飲むヨーグルトで多少和らぐ。
 何となく空気清浄機を大掃除する。(3/11から大掃除してなかったため)


Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply

Name

Email

ウェブサイト

Speak your mind